とても美味しいうな重|美味しいと評判のイタリアンでランチを楽しもう

美味しいと評判のイタリアンでランチを楽しもう

女性たち

とても美味しいうな重

熟練した焼き方

うなぎ 

うなぎの産地と言うと、一番に静岡県にある浜松市を思い浮かべる人が多いです。その通りで、浜松市はうなぎを稚魚の時から養殖して、立派に成長させているのです。そのため、浜松市内には数多くのうなぎの専門店があります。浜松市にあるお店の特徴は、全てうなぎを手焼きで調理している事です。すべてのうなぎが同じではなく、1尾ずつ微妙に脂のノリ、大きさなどの品質が違うからです。微妙な差に合わせて、職人が美味しくなるように焼き上げていくのです。さらに、多くのお店では下火と上火の二段階で焼いています。まず初めに、火力が強い下火で焼く事で、うなぎの臭みをなくしていきます。そして、火力の弱い上火に移してじっくり焼くことで、身のふっくら感を出すのです。二段階の焼き方で、素材の美味しさを保ち、旨みを凝縮できるのです。とても美味しいので、興味のある方は遊びに行かれると良いです。

うな重を食べるマナー

うな重は、数あるうなぎの料理の中でも一番の高級品です。とても美味しいのですが、意外と食べ方のマナーを知らない方が多いです。汚い食べ方をすると、すごく恥ずかしい思いをします。そこで、ここからはお店での正しい食べ方について説明します。まず、うな重が運ばれてきたら、そっと蓋を開けます。蓋には水滴が付いているので、水が落ちないように裏側にしてテーブルに置きます。それから、重箱の左下から右に向かって食べるのがマナーです。左下から食べるのは、重箱の壁を利用してきれいに食べることができるからです。逆に右側から食べると、重箱の壁を使えず鰻やご飯が崩れてしまいます。下の段を食べ終えたら、器を180度回転させて上の段を手前に持ってきます。そして、同じように食べていきます。最後に残った部分は、片手で器を持って食べていきます。全部うな重を食べ終えたら、最後に蓋を元に戻して終了です。